在宅ワーカー苦労ブック >> 在宅で仕事をする際に生じる苦労

在宅で仕事をする際に生じる苦労

在宅で仕事ができるというのは多くの人が魅力に感じる点であり、オフィスに通う必要がないことに加え、家事と並行して仕事ができることから時間の自由度が大幅に向上すると言われています。

それに加えて、自宅であるからこそ自分にとって最もよい仕事環境を作り出すことができるというメリットもあります。そのため、自宅でできる仕事を求めてスキル獲得を図る人も多くなってきています。

IT業界で開発業務に携わるプログラマの仕事は基本的には一人で行えるものが多いため、多数の外注依頼が存在することから在宅で働くにはよい選択肢の一つだとも言えます。しかし、実際は自宅で仕事を行うことに対しての苦労もつきないのです。

プログラミングが好調な場合はよいものの、比較的つきものなのが些細なミスがあるために思ったようにプログラムが動いてくれないという事態がそのケースです。こういった際にはやる気が消失してしまうことが多く、膨大なプログラムであればその中からたった一つのミスを見つけ出すのに時間も労力もかかってしまいます。集中力が切れてしまいそうなときに、自宅にいると気を逸らしてしまうものが多いため、つい仕事が遅れてしまうことも多いのです。

テレビや雑誌等に注意を逸らされてしまうなど、仕事に対する集中力を乱す要素が多いのが自宅であり、仕事がうまくいかないときほどそういったものに引かれてしまって余計に仕事が進まなくなってしまいます。その気持ちに抗う苦労が必ずあるのが在宅の仕事なのです。いわゆる在宅プログラマは自分との戦いの部分も多い働き方だと言えるでしょう。